東大阪/南大阪でボルダリング!天王寺,柏原,堺,藤井寺,松原,羽曳野から近いです。

お知らせ

リードクライミングの練習

最近は、よくリードクライミングの練習をしております。

リードの練習と言ってもビレイと落ちる練習です。

 

さて、なぜ練習が必要かと言いますと、「岩場やリードクライミングのできる施設に行ってやればいいじゃないか!」と言われる方も多いとは思います。

しかし、実際、1日登りに行って何回落ちるでしょうか?

 

可能性として考えてみると、

ウォームアップで2~3本登る→たぶん落ちない。もしくは、落ちそうになったらロープにぶら下がるので落ちない。

初めてのルートにトライする→オンサイトトライでいいところまで行けたら落ちるかもしれない。

レッドポイントできるかどうかのトライ→ぎりぎりまでガンバれたら最後は落ちる。

ハングドックの時→できないムーブを果敢にトライしたら落ちる。1ピンずつ落ちないように練習する。

 

と、こんな感じでしょうか。

 

実際、落ちそうになったら、選択肢は2拓です。

行くか戻るかです。

落ちるリスクを冒してまで突き進むか、次の支点までは行けないし怖いし戻ってテンションするかです。

 

もう戻れない落ちる選択肢しかない場面は、実はそれほどありません。

支点間の距離が2mぐらいであれば、落ちるリスクを回避しながらハングドックできるし、わざわざ落ちる必要もありません。

どうしても登りきりたい!落ちるかもしれないし、登れるかもしれないギリギリのトライをした時に、落ちるのです。

 

初級者が1日に落ちる回数は、いいとこ3回ぐらいではないでしょうか。

 

怖がりな方は1回も落ちないとかいう事もあるでしょう。

 

そういう経験しかできていないのに、うまくなるわけないので、ジムで練習するべきだと思います。

だって、5分で3回ぐらい落ちれますしね(笑)

 

ロックオンクライミングジムで落ちる練習

 

どうなるかわからん不安が恐怖を生みます。

実験みたいですが、やってみる方が絶対いいと思いますので、ぜひ!

サイト関連リンク